トップ>記念誌印刷>周年に必要なことに関して>なんで記念誌やパンフレットをつくるの?
周年に必要なことに関して

なんで記念誌やパンフレットをつくるの?

周年はその学校の誕生日を祝うものであり、どんな学校でも歴史があり、学校に通う先生、児童、生徒や保護者、地域の人間を中心に様々な行事を行います。

式典は学校の公式行事であり、教育委員会からの指名を受けて必ず行うものであり、これだけは避けられません、当日は地域や保護者のサポートなしでは成り立ちません。

先生や児童、生徒は式典に出席するので事前準備は出来ても、当日の受付や来賓のエスコート等はサポートする人間がいないとできないのです。

その際に記念品として配布されるのが記念誌や記念パンフレットです。

その学校を訪れる人々にこの学校が式典を行う意味を分かっていただくために作り、それにはきちんと歴史を載せる必要があります。

歴史があるから周年行事が出来るので、その意味では記念誌、記念パンフレットは重要になります。

作成することで、過去にも周年行事を行ってきたり、様々な工事や研究発表、校長の着任等を記載して報告することでその学校の軌跡を知ることで学校に対する認識も深まります。

そのために作るのです、そしてこれからも続くその学校の歴史を繋げて次の周年、更にその次の周年へと歴史を最低限繋げていくことができます。

結果として自分たち自分たちのためになります。

さあ記念誌、記念パンフレットをつくりましょう!

作るのが面倒だと思ったら当社へご連絡ください03-3812-0241

記念誌、記念パンフレットは5万から請け負います。