トップ>記念誌印刷>記念副読本

記念副読本

周年記念副読本の紹介です。

今年度も多数の幼稚園子ども園小中学校高等学校の皆様から記念誌の原稿を戴いております。

そのなかでは副読本と記念誌でありながら副読本部分を掲載している冊子を紹介します。

201710784545.jpg左が記念誌+副読本、右が副読本の表紙です。

201710784650.jpg左の冊子のあゆみの部分です、右が年表と写真、左がその時代にあった副読本(読み物)になっています。

201710785655.jpg地域のあゆみは完全に副読本になっています。

201710785757.jpg小学校の誕生として開校からの歩みを最初に載せています。この学校は3校が結果的に統合してできた小学校です。

201710785927.jpgその3校のあゆみを比較しながら年表としてまとめました。

20171079149.jpgこの小学校の地域は全国的に見ても著しく変わった地域で、駅の西口にあった浄水場が全て高層ビルとして生まれ変わったために激変し、学区域は広いものの駅西口からは1キロは住民が住んでいません。そのために児童数が激減して3校を統合しても現在は1校分の児童しかいません。

20171079430.jpg20171079452.jpgこのように過去の地図と航空写真を見比べてみると激変の様子が良くわかります。

20171079647.jpg2017107979.jpg現在の学区の様子とそこにある名所の説明文です、学区がこのように広いですが一番西の南北の通りからもう1本東の南北の通りの間しか住民は住んでいません。

副読本は全て全てが文章のよみものと読み物とは限りません、あくまで小学生にも読んでもらえるように難しい漢字にはルビを入れています。

 

記念誌の紹介です。(10年前と比較して)

10年前に100周年を作成した学校様から今回の110周年の作成を依頼を受けた記念誌が完成しました。

約半年じっくりと時間をかけて先生方と前回の記念誌を踏まえて、特に歴史部分の改良に着手しました。

前回の副読本部分と沿革史を切り離した形から、今回は見開きでそれが同時に見られることで沿革に合わせた内容の副読本を掲載することで、いちいち沿革と副読本を別々のページに見たりする不便さを解消しました。

20179297550.jpg左が10年前の記念誌、右が今回の記念誌の表紙です。同じオペーレーターにて作成していますが、若干雰囲気を残しながらも変化をもたせています。

2017929789.jpg前回記念誌の副読本部分です、このように独立して集中して読んでもらうように作成し、この雰囲気で16ページ続きました。

20179297949.jpgこちらも前回の記念誌の沿革部分です、こちらも独立してこれだけで3ページ続いています。

201792971152.jpg今回の歴史部分です、左に年表(沿革史)右に副読本の内容を掲載しています、この形で18ページ全て見開きで見ることができます。年表は縦書きですが左綴じの本のため左から年表を見るようにしてあります。

201792971657.jpg最後の平成、現在の部分です、新たに副読本部分は文章を作成し、ここで歴史を結んでいます。

前回の副読本部分も読み返して現在に即した文章に加筆訂正削除して編集しました。

参考までにクラスクラスページを紹介します紹介します。201792972147.jpgクラス写真は保護者や児童の意見を受けて学校判断で掲載しておりません。

併設の幼稚園のクラスページです。201792972325.jpg子どもたちの直筆の絵を中心にコメントとして好きな遊びや食べ物を載せました。

このように時代の変化や、前回の内容を踏まえて作成したこの記念誌は快作として受け止められました。

このような仕事にかか関わることができてとてもとてもうれしく思います。

 

 

副読本の紹介です。

式典は終わりましたが、児童に配る教材の一つとして副読本を納品しました。

式典当日にはパンフレットとクリアファイルを配り、その後じっくりと時間をかけて副読本を作りました。

配布先は児童、先生、地域です。

内容は学区の全景、地図、今昔、学校の歴史、町の歴史、現在の学習の様子等を掲載しました。

201736152859.jpg201736152917.jpg201736152936.jpg20173615316.jpg201736153127.jpg201736153213.jpg201736153231.jpg201736153248.jpg20173615336.jpg

1月に納品した記念誌の紹介です。

1月新年になり、、式典、集会に合わせて航空写真を撮って、それを記念誌に掲載しました。

201711995249.jpgどちらの表紙も航空写真の人文字を材料として使っています。201711995344.jpg学区全景と全員集合写真です。(集合写真は真ん中を空けて撮らなかったので左頁に入れてあります、このまま本の中央に大きく入れると本の谷間に児童が入って見えなくなり人権上の配慮がないのでクレームがくるためにこの措置をとりました)

201711995655.jpg春夏秋冬の行事の写真です。(冬は昨年度の写真です)20171199583.jpg地域マップです。(オリジナルで作成しています)

201711995843.jpgあゆみです。(上段が学校の歴史、中段がそれに関する写真、下段が地域の歴史です)201711995938.jpg副読本部分です。(このように記念誌の中に副読本部分を載せて1冊にすることはよくあります)201711910137.jpgPTAのページです。(スポンサーであるこの掲載は重要です)20171191030.jpgクラスページの見本です。(集合写真は先生方が撮影しています)。

当社では最初の打ち合わせに合わせて記念誌のプロットを作り、先生との打ち合わせに臨みます。

見積もり、問い合わせ、来校しての説明も全て無料ですからお気軽にどうぞ03-3812-0241です

副読本の紹介です。

今年度も何冊も単独の副読本を作成しましたが、今回は5年前に作成し、今年度で閉校になる学校様より記念に副読本を再編集して発行する運びとなりました。

つきましては5年前のの副読本を元に若干の修正を加えて、最新のページを加えて発行しました。

20161110105225.jpg表紙です、5年前をほぼ踏襲しています。20161110105330.jpg目次と巻頭言です、5年前と現在の校長先生の文章を掲載しています。

20161110105426.jpg20161110105450.jpg横書きで写真と文章を織り交ぜながら作成しました。

20161110105753.jpg今の学校の様子です。20161110105829.jpg新しくすごろくを入れました。

比較でほかの学校の副読本部分をごらんください2016111011038.jpg縦書仕様です、まったく雰囲気が変わります。

副読本は児童のの教材用として発行し、3年生以上が社会科の授業で我が学校のことを勉強するときにつかうのに最適な本です。

予算がある学校では、記念誌と副読本を別々に作りますが、そうでない場合は1冊の本で前半記念誌、後半副読本、またはあゆみの見開きで右が記念誌あゆみ(年表+写真)、左が副読本としているところも多数あります。

 

過去に一度一度作成してあると、再編集するのは楽ですが、一からは結構大変です。

 

10/29に式典を終えた学校様の記念誌の紹介です。

10/29に式典を終えた学校様の記念誌を紹介します。

表紙に片方は特徴があり、ベニヤ板に児童が書いた絵を接写して、それを元にデザインして表紙から裏表紙に回しました。

どちらも約2~3か月かけての納品となりました。

201611482030.jpg表紙です。201611482058.jpg裏表紙です、表紙からの絵が後ろに続いています。

201611482142.jpg歴史部分です、学校が出来る前の副読本的内容です。201611482228.jpg年表+副読本のレイアウトになっています。

201611482322.jpg地域マップも学校からの学区地図をいただいてオリジナルで作成しました。201611482424.jpgこちらもタイプの違う副読本的歴史の内容です。

201611482710.jpgこれも下に文章上に写真を入れた読みやすくなっております。201611482917.jpg直書きのクラスページです。20161148301.jpg写真は欠席のないクラスから先生が撮影しています。20161148310.jpgこちらも直書きのコメントです。201611483158.jpg副読本の後、あゆみの年表部分です。201611483336.jpg最初の目次等のページです。

副読本縦書の紹介です。

1/21に横書きの副読本の紹介をしましたが、今回は縦書きの副読本の紹介です。

今年度周年を迎えて式典は終わりましたが、その後原稿を編集して児童と地域向けに、年度末この副読本を配布しました。

表紙も当然縦書にし、2016328101640.jpg巻頭言も航空写真人文字を背景に、2016328101740.jpg

目次も細かく載せ、歴史は読み物として、写真を中央に配置したレイアウトで作成しました。2016328101912.jpg2016328101955.jpg2016328102055.jpg2016328102118.jpg

そして地域のページはまず学区の地図を新たにきれいに作り直し、名所等を番号で表記して、その次のページに名所の写真を一覧にしました。2016328102313.jpg2016328102341.jpgそして地域の歴史文を載せました。2016328102448.jpg

最後に復習として年表を載せてまとめました。2016328102646.jpg

文章は先生方から過去の副読本から若干修正をして文字データとしていただき、写真は過去の記念誌からスキャン等してまとめました。

 

周年記念ー副読本の紹介です

新年早々半年かけた副読本が完成しました。

構想から資料集め、レイアウト、編集を学校から頼まれて10年、20年前のものとは異なる内容で仕上げました。

前半3分の2が学校の歴史、後半3分の1が地域の歴史です。

201612113585.jpg2016121135950.jpg201612114028.jpg20161211411.jpg201612114136.jpg20161211421.jpg201612114238.jpg20161211433.jpg201612114329.jpg201612114355.jpg201612114419.jpg201612114444.jpg20161211457.jpg地図をオリジナルで作成してこのデータは学校が学習で使えるように白地図にしました。このように材料をいただければ調べたり、写真の所在を探してまで編集をいたします。

周年記念誌&副読本の紹介です

10年前の記念誌と副読本を基に別冊を1冊にまとめ表紙両面を記念誌&副読本の表紙とし、記念誌を縦書き、副読本を横書きとして1冊の本にまとめました。

表紙です↓ 

 

%E5%B8%82%E3%82%B1%E8%B0%B7_001.jpg

記念誌本文です↓ 

%E5%B8%82%E3%82%B1%E8%B0%B7_002.jpg %E5%B8%82%E3%82%B1%E8%B0%B7_003.jpg %E5%B8%82%E3%82%B1%E8%B0%B7_004.jpg

副読本本文です↓

%E5%B8%82%E3%82%B1%E8%B0%B7_005.jpg%E5%B8%82%E3%82%B1%E8%B0%B7_006.jpg%E5%B8%82%E3%82%B1%E8%B0%B7_007.jpg  

周年記念副読本の紹介です。

最近は中々副読本を1冊にして作成する学校様は減っています、記念誌+副読本として1冊に合体する傾向がありますが、今年度、副読本を発行する学校様が10年前のものをリニューアルして50周年記念として作成しました。

全体として32ページ、児童が使いやすいように大きな文字とルビを入れております。

内容は現在の町の様子、今までの地域の歴史、学校の歴史が中心となっています。

%E5%89%AF%EF%BC%91.jpg %E5%89%AF%EF%BC%92.jpg %E5%89%AF%EF%BC%93.jpg %E5%89%AF%EF%BC%94.jpg %E5%89%AF%EF%BC%96.jpg %E5%89%AF%EF%BC%97.jpg %E5%89%AF%EF%BC%98.jpg

過去に一度作成した場合はそのものの文や写真をチェックして、訂正ある場合は見本として1冊つぶして修正用として直接赤字を入れて最近10~20年のものを足すようにしています。

しかし過去に一度も作成していない場合は、まず学区域を確認して、そこにはどんなものがあるか(歴史的建物等)過去の記念誌、郷土資料館等に行って調べたりして、学校 、地域、それらの歴史を調べて、それを文章化して作成していきます、最近のものは実際に見て回って取材をして材料を揃えます。

このようにして作られた副読本は周年記念のりっぱな記念品として、後世に伝えられるものになるでしょう。

式典等記念行事を入れた副読本を納品しました。

140年と歴史のある学校様の式典も入れて作成した副読本が完成しました。

表紙以外本文はモノクロですが何か懐かしい雰囲気のある本に仕上がっています。

130周年の本を基に修正して10年分と周年関連行事の写真と文章を加えて作成しました。

 

%E6%A0%B9%E5%B2%B8%EF%BC%91.jpg%E6%A0%B9%E5%B2%B8%EF%BC%92.jpg%E6%A0%B9%E5%B2%B8%EF%BC%93.jpg%E6%A0%B9%E5%B2%B8%EF%BC%94.jpg%E6%A0%B9%E5%B2%B8%EF%BC%95.jpg%E6%A0%B9%E5%B2%B8%EF%BC%96.jpg

副読本の紹介です

3/24の年度学期末ぎりぎりに納品した副読本です、3月10日に入稿して14日に校正出して、17日に校正上がって、下版して納品しました、とてもタイトな日程でしたがなんとか間に合いました。

児童が教材でえんぴつで書き込めるように本文はマットで印刷しました。

 

%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg%E5%B8%8C%E6%9C%9B%EF%BC%92.jpg%E5%B8%8C%E6%9C%9B%EF%BC%93.jpg%E5%B8%8C%E6%9C%9B%EF%BC%94.jpg

副読本について

今年度も何冊か副読本を作成しました、発行した学校様はいずれも記念誌とは別に発行し、2冊式典に間に合わせました。

作成方法は前回または10年前の副読本を改定する形で発行しました、当社では前回の内容を踏襲する形であっても必ずレイアウトを変えて編集し、検証をいたします、少し時間がかかりますが結果的に後のことを考えると、その後も発行するときに今回のものがバイブルとして使われるので間違った内容を残すとそれがそのまま反映されて何十年も気づかないケースもあるためにそれを避けるためにも大事な作業を行います。

出来上がった時は先生や地域の方々、協賛していただいた方々にも喜ばれ立派な記念品としても重宝されます

編集方法等はお尋ね下さい。03-3812-0241へどうぞ

%E8%90%BD%E5%90%88%EF%BC%94%E5%89%AF%E8%AA%AD%E6%9C%AC.jpg%E8%8D%BB%E7%AA%AA%E5%B0%8F%E5%B9%A1%E4%BB%A3%E5%B0%8F.jpg%E5%A4%A2%E3%81%8C%E4%B8%98%E5%B0%8F%E5%89%AF%E8%AA%AD%E6%9C%AC.jpg%E9%95%B7%E8%B0%B7%E6%88%B8%E5%B0%8F%E5%89%AF%E8%AA%AD%E6%9C%AC.jpg%E7%AC%B9%E5%A1%9A%E5%B0%8F%E5%89%AF%E8%AA%AD%E6%9C%AC.jpg%E5%89%AF%E8%AA%AD%E6%9C%AC%EF%BC%91.jpg%E5%89%AF%E8%AA%AD%E6%9C%AC%EF%BC%95.jpg%E5%89%AF%E8%AA%AD%E6%9C%AC%EF%BC%92.jpg