風船とばしについて。

毎年5~15校の周年校風船飛ばしの依頼を受けております。今年もすでに8校の注文をいただきました。

飛ばす時期は、春先は運動会の中休み、終了後、記念集会、学校公開時、秋は式典と祝賀会の間、学芸会等保護者が多数集まる土曜日等です。

飛ばした瞬間は大人でも感動しますから良い行事であり、記憶に残るものです。

当社では、風船は通常はミックスですが、50種類の色を用意しております。

ですからクラスごと、学年ごとに色を変えることが可能です。

 

風船はエコで土に還るものですから心配ありませんので、事前に近隣に飛ばすチラシを配る必要もありません。

さらにこの風船を膨らまして取り付けて空気が抜けないようにするクリップもエコで土に還ります。

 

見積もりは風船本体、エコクリップ(ひも付き)、ボンベ(数量によっては複数になります)、それに膨らましを希望の場合はその金額もプラスされます。

だいたい300個で5万円代、500個で7万円代、700個で9万円代(膨らまし要員付)税抜です、金額のほとんどはボンベ(ヘリウムガス)代です、少しづつですがガスは輸入のため値段が上がっています。

飛ばす日は土日、平日どちらでも対応できます。

 

手順としては、飛ばす2~4日前に風船、エコクリップ、ボンベを学校に宅急便で送ります。

特にボンベは重くて倒すと大変なので宅急便が届いたらすぐに鍵のかかる部屋に保管してください。

メッセージカードや種を取り付けたい場合は事前にそれらに1センチx3センチの両面テープを付けてください、それらは当日膨らました風船のエコクリップの余白に取り付けます。

その他にエコクリップの小さな穴に膨らます前の風船の先を通してください。

 

部屋は校庭に面して直接出られるドアや窓がある部屋が必要です(必ず1階です)、戸数によっては普通教室より広い部屋が必要のケースがあります(理科室、図工室等)

廊下では飛んでいく可能性があるので不適です。

 

飛ばす際は保護者の方々が膨らました風船を持って、校庭に並んでいる児童、園児に飛ばす直前に渡します。

後はカウントダウンで一斉に飛ばします。そこからはみなさん写真&動画撮影に夢中です。

*専用のチラシもあります。

2016477522.jpg20164775231.JPG20164775320.jpg

 

 

2020年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031