周年来賓者用の案内状の紹介です。

周年を迎えてまず最初に動く仕事として来賓者名簿を作成して、その方々に郵送する案内状が必要となってきます。

周年を迎えた学校様なら案内状を出さないところはありません。

そこで案内状と返信はがきの見本を紹介します。

左から封筒(差出人記載)に案内状(右側)と返信はがきを同封して送ります。式典、祝賀会両方行う学校は見本の形になります。

内容は日時、場所が分かるように記載します。

出すタイミングは式典の2か月前になります。

返信はがきです、あて先は学校です、裏面には肩書を各欄を設けます。

案内状の手順としては、原稿作成→校正→印刷・納品→案内状・返信はがきを封筒に入れて(封入)封をして、宛名を書く(宛名印刷、宛名シール、直接書く)(封緘)名簿に基づいて役所交換、郵送、手渡しに分けて送る(投函)

そして返事を待って締切を過ぎても返事がない方には電話をして確認して式典当日の出席者を確定する。とりかかってから終了するまで1か月半ほどかかりますが、この作業を終えると周年が始まった感じになります。

当社では一連の作業も全て行いますのでご相談ください。

 

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031