周年記念校訪問記6

都内の周年校で看板を取り付けたいという学校に営業と看板担当者が学校に伺い、副校長先生と話しながら

屋上へいくと、裏から針金でアルミ複合板を留めていました、これなら問題なさそうで、10年前のスローガンでしたので今回の周年用の新しいスローガンに掛け替えます。

さらに校舎3階に取り付けられている校章レリーフが古いので取り替えるか磨くかを見に普通教室からのぞくと防音済みのサッシの間に木製の校章が取り付けられていて、鉄製のフックに掛けられているだけなのに片手では簡単に外せないので高所作業車が必要となりおおごとになりました。

さらに卒業式が終わったばかりの体育館に行くと演台のカバーとグランドピアノのカバーも見積もってほしいと言われ、外の掲揚旗も傷んでいるので見積もってほしい、この学校の地域が思い入れが強く、協賛会として資金を確保しているので、学校としては心強いです。

これらのものは周年の時でないと用意できないものですね。

この学校で結果的に依頼されたのは、記念誌、航空写真、風船飛ばし、演台カバー、ピアノカバー、校章レリーフ、掲揚旗、記念品、キャラクターの編集です、現在のところ。

2020年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031