記念式典物語15-挨拶文

記念誌には必ず挨拶文が入りますが(副読本だと校長先生の巻頭言)自治体によって執筆者は若干異なりますが、1-校長、2-区長、市長、3-教育長、議長、教育委員長、4-PTA会長、実行委員長など平均して4~5人ですがそれに割くページ数は2~3ページです、字数の目安は以下の通りです

1ページに一人→本文のみ600~1000字

1ページに二人→本文のみ400~600字

1ページに三人→本文のみ300~400字

1ページに四人→本文のみ200~300字

1ページに五人→本文のみ150~250字

このように最近は原稿用紙を用意するケースはほとんどなくなり(直筆が減ったので)ましたので総字数で伝えてパソコンで打ったもののデータをいただいてそれを編集時に流し込む作業としています

顔写真は教委関係はデータが多いですが、それ以外の方はアナログの写真をお預かりしており、それをスキャンしてから編集しております

さらに執筆者の肩書きと名前、更に題名にも注意を払い、教委は指導主事のかたが書きますので題名はずらしています

依頼文を添えて締め切りの約1ヶ月~1ヶ月半の余裕をもってお願いしています

2020年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031